読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天候パを使いたい

ポケモンの対戦で使った構築について書いていきます、たぶん

【九州SF】電磁砂マリゲン

2/18の九州シングルFESTAで使用したパーティです。
3-5で予選敗退でしたが、後々自分で振り返るときのために残しておきます。

 

 

バンギラス@さらさらいわ
特性:すなおこし   性格:ずぶとい
207(252)-x-146(20)-137(172)-126(44)-84(20)
H-B:A216メガマンダ捨て身地震耐え
H-D:余り C182不一致気合玉高乱耐え(砂下)
 C:冷ビで183-105ガブ高乱1
 S :麻痺した最速100族抜き
技:イカサマ・冷ビ・大文字・電磁波

対面からガブの処理を任せたかったこと、テテフと対面しても一回行動できる可能性を増やしたかったことから、砂パの有名なやつのBからDとSに振り分けた。
パーティがナットを呼ぶため大文字採用。麻痺の弱体化で電磁波→削りの動きを取れない相手が出てきたことが地味にキツイ。ミミッキュのフェアリーZで飛ぶので、相手のガブランドがどうにでもなるならBに振り切るのも選択肢に入る。

 

 

 

ガブリアス@のんきのおこう
特性:すながくれ   性格:ようき
183-182(252)-116(4)-x-105-169(252) 
技:ドラクロ・地震・剣舞・身代わり

竜地がそこまで通りがよくない。当てることができるならドラクロ→エッジにするほうが確実に動きやすい。身代わりはZ技すかしやバシャの守るすかしに使えるため使い勝手はよかった。火力が気にならないなら撃ち落とすもアリな気がしてきた。

 

 

マリルリ@こだわりハチマキ
特性:ちからもち   性格:いじっぱり
191(124)-110(236)-132(117)-x-102(12)-71(4)
技:滝登り・アクジェ・じゃれつく・馬鹿力

6世代からの流用で調整意図不明。バシャやガルーラ等の物理アタッカーを相手にしたかったのでABベースの奴を連れてきた。高火力で殴りつけて後続圏内に入れる、もしくはサイクル回してアクジェで掃除する。それなりにしか耐久がないこと、Sが低いことから雑には扱えず、また、有利対面作っても突っ張られることが多いので意外と頭使う。水・妖の攻撃範囲が広い、ナットを呼ぶ、腹太鼓積んでる暇がないと感じたため型の選択自体は間違ってないとは思う。

 

 

ゲンガー@ゲンガナイト
特性:のろわれボディ→かげふみ   性格:おくびょう
メガ前:167(252)-x-81(4)-150-95-178(252)
メガ後:167-x-101-190-115-200
技:祟り目・ヘド爆・鬼火・身代わり

カプ系やフシギバナスイクン等の耐久系の処理、削りを意識して採用。メガ前の浮遊が消えたため初っ端から地面が一貫するところが目立つ。肝心のテテフ対面はスカーフと耐久振りの場合返り討ちにあうため安定しない。後述のナットと組み合わせた動きをそこまで考慮してなかったため、立ち回りが悪いだけな気はするがかなり動かしにくかった。

 

 

ナットレイ@たべのこし
特性:てつのトゲ   性格:のんき
メガ前:181(252)-114-176(68)-x-160(188)-22
H-B:11n +1A216メガマンダの捨て身確定耐え
H-D:余り
技:ジャイロ・宿り木・電磁波・守る

第2の麻痺撒き。ポリ2がいたが、カプ系が辛すぎるので変更。
対策のめざ炎や気合ボールがいろんなところから飛んでくる、相手の炎エースに隙を見せてしまうため意外と難しい。バンガブと同時選出も視野に入れていたが、全体的に火力が無くなってしまうのでほとんど実現しなかった。

 

 

サンダー@こだわりスカーフ
特性:プレッシャー   性格:ひかえめ
165(28)-x-104-194(252)-111(4)-147(224)
 S :最速ギャラ抜き
技:10まん・ボルチェン・熱風・めざ氷

地面の一貫を消すことができ、広範囲に打点を取ることができる高速アタッカーとして採用。ゲッコウガルカリオフェローチェの上から攻撃を叩きこめる点が高評価。特に対ゲッコウガフェローチェに関しては大抵ボルチェンで落とせるので後続に対して隙を見せにくい。霊獣ボルトでない理由は高い炎打点が持てる、素の耐久が高い、スカーフが考慮されにくいと考えたため。
間違いなく静電気のほうがいい。

 

基本選出は バンガブ@1 もしくは サンダーナットマリルリ

テッカグヤ、ブルル、霊獣ボルト、ゲッコウガ、ガルーラ、ポリ2辺りがキツい。